運と戦術が勝敗を分けるバトルを体験Project Moonの新作RPG『Limbus Company』試遊レポート【TGS】

運と戦術が勝敗を分けるバトルを体験

※購入先へのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、そちらの購入先での販売や会員の成約などからの収益化を行う場合はあります。詳しくはプライバシーポリシーを確認してください。

Project Moonの新作RPG『Limbus Company』の試遊が東京ゲームショー2022に出展され、スマートフォン版とPC版の二種類のバージョンを試遊することができた。

本作は『Library of Ruina』を手掛けたProject Moonによる新作RPGで、世界観やストーリーも『Library of Ruina』から続いている。すでに東京ゲームショウ2022の公式配信でゲームの詳細が紹介されており、こちらの記事に詳しい

今回の試遊では、おもにバトル面の感触を試すことができた。戦闘はターンベースとなっており、画面下部にあるスキルアイコンを指でなぞって繋げて戦闘を進行させるという独特のシステムが採用されている。スキルアイコンはいわゆる行動コマンドに相当し、スキルアイコンに応じた行動がそのターンでは発動する。

連なったスキルアイコンは行動するキャラクターごとに上下二種類のルートが存在し、最後までスキルアイコンを繋げるとそのターンの戦闘が開始するという独特のルールだ。スキルアイコンは赤や青など数種類の色が存在するが、同じ色のスキルアイコンを続けて繋げると「共鳴」が発動し、より大きなダメージを与えることができる。敵に状態異常を与えるスキル、その状態異常を悪化させるスキルなども存在するため、ステータス異常やバフ・デバフなどの効果や攻撃順を含めてさまざまな戦術が可能になっている。

それぞれのスキル発動時にはコイントスが発生し、出た面によってスキルの威力が増減する。表が出るか裏が出るかは完全なランダム要素ではなく、戦闘中に増減する「精神力」によって表が出る確率が変化するようだ。精神力が減少すると、キャラクターがパニックを起こすなどのネガティブな効果が生じるため、こちらのパラメータの管理も重要になりそうだ。

また、敵も味方と同様にスキルを使用するため、双方のスキルがぶつかった場合には「マッチ」が発生し、スキルの強さと運によって勝敗が決定、マッチに負けたほうはスキルの使用が取り消される。前述したようにコイントスの結果によってスキルの効果も増減するため、相手の攻撃対象やスキルの威力なども確認しながらスキルアイコンのルートを選択する必要がありそうだ。また、スキルアイコンの選択を「マッチ勝率」もしくは「ダメージ量」ベースで自動的に連結してくれる機能も搭載されている。

ターンを重ねていくと各キャラクターは「E.G.Oスキル」を発動させることができ、スキルアイコンがE.G.Oスキル用のものへと変化する。これはいわゆる必殺技のようなもので、いくつかのE.G.Oスキルではカットインが挿入され、特殊な演出が見られるようになっていた。

PC版ではボス戦と思しき幻想体との戦闘を体験できた。こちらの戦闘ではスキルアイコンを繋げるのではなく、各スキルアイコンを敵のスキルアイコンと繋げて行動を決定する形になっていた。また、戦闘が進むうちに「味方キャラクターの行動を阻害する根を排除する」ミニイベントが発生。イベントに挑戦するキャラクターを一人選び、コイントスでイベントの成功を判定し、成功の場合はネガティブな効果を排除できるという展開となっていた。表示されるテキストは幻想的な雰囲気をまとったノベルゲームのような文体で、短いイベントながらも非常に魅力的なシークエンスとなっていた。

試遊だけでは全貌を理解するのはとても無理なほど、本作のバトルには多彩で複雑なシステムがちりばめられていた。パーティの編成も含めて、かなり奥深い戦術が楽しめることは間違いがないだろう。

バトル後に見ることのできたシナリオパートでは、12人の囚人たちと、時計のような頭部を持ったダンテというキャラクターとのやり取りが確認できた。本作の囚人たちの目的は、ロボトミーコーポレーションに隠された「金の枝」を手に入れること。試遊内のイベントでも囚人たちはロボトミー支部のどこかを探索している様子だが、ダンテと囚人たちとの会話から推察すると、囚人たちはダンテの能力によって死んでも時間を巻き戻すことができるようだ。

今回の試遊は会期中の4日目での体験となったが、会場から1時間と経たずにすでに200分待ちの列ができ、その後は列の形成が一時中断されてしまうほどの人気だったようだ。試遊体験者にはオリジナルデザインのコインなどが配布されたが、試遊用の整理券チケットもおしゃれで、ブースは丸ごと『Limbus Company』の魅力的で退廃的な世界観で統一されていた。

ブースには開発者でありProject MoonのCEOであるキム・ジフンの姿も。IGN Japanでは近日中に彼のインタビューも掲載される予定なので、楽しみに待っていてほしい。

『Limbus Company』は、2022年冬配信予定。現在、事前登録受付中となっている。

※購入先へのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、そちらの購入先での販売や会員の成約などからの収益化を行う場合はあります。詳しくはプライバシーポリシーを確認してください。
In This Article