豪華スタッフが手がけるアジア×ポストアポカリプスの新作『Ashfall』試遊レポート【TGS2022】

MMORPG要素を含むサードパーソンシューティング

※購入先へのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、そちらの購入先での販売や会員の成約などからの収益化を行う場合はあります。詳しくはプライバシーポリシーを確認してください。

2022年9月15日~18日に開催される「東京ゲームショウ2022」のNetEaseブースにて、Legendary Star Studioが開発を手がける、PC/Android/iOS向けの新作タイトル『Ashfall』を体験できた。

本作は、MMORPG要素を含むサードパーソンシューティング。資源の枯渇した終末世界を題材とするソロプレイはもちろん、マルチプレイにも対応しているようで、フレンドとともに高難易度のダンジョンを踏破していけるようだ。

どこかアジアンテイストを感じさせる街並み

ゲームの舞台は、人工知能と人類が壮絶な戦いを繰り広げる未来の世界。プレイヤーは資源の枯渇と戦争で荒廃したフィールドを自由に探索し、自分だけの物語を作り上げていくことになる。終末世界を舞台とする「ポストアポカリプス」作品は多くあるが、本作では「アジア×ポストアポカリプス」として、ゲームの景色やキャラクター、ストーリーにアジア要素が盛り込まれているのも特徴だ。

キャラクターデザインや衣裳にもアジアの風を感じる

試遊ではその片鱗しか感じられなかったが、本作は、音楽制作陣として数々のアカデミー賞を受賞した作曲家の Hans Zimmer 氏や Steve Mazzaro氏、Fallout シリーズの作曲を手がけるInon zur氏を迎えている。著名なクリエイターのエッセンスを感じられる楽曲は音楽ファン垂涎の要素になるだろう。

ハンス・ジマー氏

また、発表会では30分程度ではあるが序盤のデモ版をプレイできた。デモでは、物語の出発点となる避難所でのクエスト受注からゲームが開始され、俯瞰視点で構成されるワールドマップや、TPS視点での銃火器を用いた戦闘など一連のゲームプレイを楽しめた。

拠点をでると俯瞰視点で構成されたワールドマップになる

クエストの流れとしては、ワールドマップを探索しながら、クエストの進行ごとにTPSのバトルモードが挿入されるようなイメージ。チュートリアル的なゲームプレイが中心だったが、クエストの受注とフィールドの探索、テンポの良い戦闘など、モバイル端末向けタイトルのポジティブな要素を活用できていると感じた。

極めてライトで遊びやすいシューティングパート

また、クエスト形式なこともあってか、終末世界ではストーリーによって探索を進めで、ダンジョンをクリアして武器装備の成長を得ることができた。ポストアポカリプスというとキャラクターの育成とコアなゲームプレイが一般的ではあるが、本作初期のミッション設定 では軽くて難易度が低く、非常にライトでハードルの低さを感じられたのも、嬉しい驚きだ。

デモでは、体験できなかった箇所も多々あるが、本作にはキャラクターの成長要素や豊富なダンジョン、アイテム収集といった、やり込み要素も取り入れられているようで、遊びやすさとやり込み要素の両立したゲームプレイに期待したい。

もちろん、ポストアポカリプスや退廃的な世界が舞台となれば、今作がベンチマークとしている「Fallout」のような作風を望んでいるユーザーも少なくないとは思うが、遊びやすいからこそ、もっと探索してみたいと純粋に思うことができた。

メインクエストには状況に合わせた選択肢なども用意されている

約30分ほどの体験ではあったが、日本語のローカライズが安定している点や美麗なグラフィック、魅力的なキャラクター、豪華な作曲家陣によるサウンドなどクリエイターの気合いを十分に感じることができた。今回の試遊では、シングルプレイ中心だったので、MMORPGとしてどのように進化していくのかにも期待したい。

Steamウィッシュリストが公開し、ぜひ公式サイトTwitterFacebookもチェックしておいてほしいとのことだ。

※購入先へのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、そちらの購入先での販売や会員の成約などからの収益化を行う場合はあります。詳しくはプライバシーポリシーを確認してください。
In This Article

Ashfall

開発元/Developer:Legendary Star Studio
Publisher:Legendary Star Studio
Platform / Topic: Pc